青汁の比較解説サイト

ロゴ

具体的な青汁の効果とは?

青汁は健康に良い!と言われおり、今ではその認知度は非常に高いですが、
具体的にどのような効果が得られるのでしょうか?

具体的な効果については、薬事法の関係で具体的に表記されていません。例えば、他の青汁青汁比較ランキングのサイトなどを見てもわかると思います。
しかし、使用されている原材料からある程度の情報を得ることは可能です。
明日葉、ケール、大麦若葉、桑の葉、その他ゴーヤーや緑茶、よもぎなどを上記原料に配合して作られている青汁などがあり実に多彩です。

比較的代表的な上記4つの原材料について、含まれる栄養などについてご紹介します。

【明日葉】(アシタバ)
明日葉はセリ科の植物で多年草、日本固有の野菜です。
その栄養価は非常に高く、強い生命力を持っています。
明日葉には、ビタミンB1・ビタミンB2・食物繊維・ミネラルなどが豊富に含まれており、この他にも明日葉特有の「カルコン」というポリフェノールの一種が含まれています。

【ケール】
原料として非常にポピュラーなケールは、キャベツの原種だそうです。
ケールには、食物繊維・カルシウム・ビタミンA・ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンC・ビタミンEなどが豊富に含まれています。
他の青汁の原料にはないメラトニンを含むため、安眠効果も期待できます。

【大麦若葉(おおむぎわかば)】
大麦若葉は、大麦の穂が出る前の青々とした栄養満点の若葉のことです。
食物繊維・各種ビタミン・ミネラル・カテキン・SOD酵素など豊富な栄養を持っています。
SOD酵素は、活性酸素を押える働きがあります。

【桑の葉(くわのは)】
桑の葉は、蚕の餌としてもしられている植物で、栄養価が高い植物です。
各種ビタミン・ミネラル・食物繊維・各種フラボノイド・カロテンなどが含まれており、カルシウムやカロテンの含有量は群を抜いています。

上記の内容から、乱れがちな食生活や運動不足を補い、生活習慣病の予防が期待できそうです。
また、食物繊維やビタミン類・ミネラルが豊富に含まれていることから、青汁は美容への効果も期待できるでしょう。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●