青汁の比較解説サイト

ロゴ

青汁に含まれる栄養素はなんですか?

青汁にはたくさんの栄養素がふくまれています。
当然のことながら、その栄養素は原料である野菜や植物に依存しているため、ひとくちに青汁の栄養素はこれだと示すことはできません。
主だった3種類の原材料それぞれに豊富な栄養素、固有の栄養素を持っているので、それぞれの特徴を理解して、自分にぴったりの青汁を見つけましょう。

たとえば、原材料にケールを用いられた青汁にはどんな栄養素が含まれているのでしょうか?
そもそもケールはキャベツの原種であり、特に栄養価の高い野菜として知られています。
ケールを原料に持つ青汁は、ビタミン、食物繊維、炭水化物、タンパク質はもちろんのこと葉酸や鉄分、カルシウムやマンガン・リン・カリウムなども含んでいます。
さまざまな栄養素をバランスよくあわせもち、ビタミンに関してはA・B・C・Eなどかなり豊富に含んでいます。

大麦若葉はケールに負けないほどの栄養価を誇ります。
タンパク質はもちろんのこと、ビタミンA、ビタミンCやカリウム、カルシウム、カロチン、食物繊維など基本となる栄養素を豊富に含んでいる上に、クロロフィルとよばれる葉緑素やSOD酵素まで含んでいます。
このSOD酵素は細胞を破壊する活性酸素を除去してくれる役割を持つスーパーオキシドディスムターゼの略称です。

その他にもい草の青汁などが最近では普及していますが、このい草にはポリフェノールが豊富に含まれていて栄養満点!
ポリフェノールは、高血圧やコレステロール値を抑える働きもあります。

さらにもう一種、有名な原材料のひとつに明日葉があります。
この明日葉は、ビタミンもミネラルも豊富に含んでいて、全体に栄養素のバランスが良いことで知られています。
ベータカロチンや葉酸も豊かで、注目すべきはそのダイエット効果です。
セルライトを解消する効果があるとされ、その栄養価は青汁のなかでも随一とされることもあるようです。

青汁も人気ですが、最近はイソフラボンの健康食品も人気だそうです。
イソフラボンについて詳しく解説しているサイトもあったので、よかったら参考にしてください。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●