青汁の比較解説サイト

ロゴ

青汁はまずいって本当ですか?青汁を美味しく飲むには?

青汁が世間一般に知られるようになったきっかけのCMに「まずい!もう一杯」という強烈なものがありましたよね。

果たして青汁は本当にまずいのでしょうか?
個人差はあると思いますが、主にケールの独特の苦味をまずいと感じるようです。

ここでは、苦い青汁をどのように工夫したら美味しく飲めるのかご紹介します。

ポピュラーな方法に、牛乳やヨーグルトなどの乳製品に混ぜるというものがあります。
苦い味が苦手なら、マイルドになれば飲みやすくなりますよね。
乳製品は臭みや苦味を消してくれます。

乳製品が飲めない方は、果汁100パーセントのジュースに混ぜてみるのもいいでしょう。
フルーツの種類はなんでも大丈夫です!
お気に入りの組み合わせを見つければ、毎日美味しく飲めますね。

他には、お茶に混ぜるという方法もあります。
違和感も少なく、自然な感覚で飲めます。

はちみつを加えるという方法も試している方は多いと思います。
こちらも臭みや苦味を軽減してくれます。
レモンなどの柑橘系を加えると、相性が良くスッキリとした味になります。

青汁の味が苦手でも、工夫次第で毎日楽しく続けることが出来るようになります。
さらに、青汁の原材料はケールだけではありません。
明日葉や大麦若葉や緑茶やヨモギなど、様々な原材料があります。
それぞれ味や風味は異なりますので、どうしてもケールが苦手!という方は違うものも試してみるといいでしょう。

しかし最近の青汁は、原材料の配合を工夫してあり、非常に飲みやすく改良されています。
何かで薄めたり、味を変えたりしなくても、違和感なく毎日飲めるものがきっと見つかるでしょう。

お気に入りの青汁をさがす時は、キャンペーンなどで安くお試しができたり、お得に購入できるものが沢山ありますので、それを利用して色々な青汁を飲み比べてみるのもいいでしょう。

毎日飲み、長く続けることで健康への効果が期待できる青汁ですので、好きなものを見つけることが大切です。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●