青汁の比較解説サイト

ロゴ

顆粒タイプと粒タイプの青汁

青汁には様々な種類がありますが、一般的なのは粉末タイプの飲む青汁です。
粉末タイプは、水に溶かして飲むことが多いですが、場合によってはとても飲みにくいことがあります。
例えば、粉が溶けきっていない場合や、味の強烈さに体が拒否してしまうことです。

最近の青汁は、飲みやすさに様々な工夫をされていますので、そういったことは少ないのですが、個人差というものはどうしてもあります。
その場合、飲み方にアレンジをして、飲みやすくすることができるのが粉末タイプの良さといえます。

まずよく試されるのは牛乳割です。
大体の方はこれでおいしく飲めるらしいのですが、牛乳が合わない人もいます。お腹を壊しては意味がありません。
そうなれば100%果汁のオレンジジュースやアップルジュースなどを試してみてください。
カロリーが気になるという人には、プレーンヨーグルトがお勧めです。
乳酸菌が一緒に摂れるので、腸内環境改善に役立ちます。

それでも飲めません・・・という人は食べることにしましょう。
青汁の粉末をホットケーキミックスの粉に混ぜて焼けば、青汁ホットケーキや青汁パンケーキになります。
またカロリーを気にしなければ、はちみつをかけたり、生クリームを添えることで青汁の味はあまりしなくなります。
他にもプリンを作ったり、クッキーやケーキの生地に混ぜたりして、抹茶風味のお菓子のように仕上げることもできます。
洋菓子はカロリーが気になるのでしたら、料理に使ったら良いでしょう。
青汁は野菜の粉末です。野菜を使った料理には大抵合います。

そんな面倒なことをしてまで、青汁を飲みたくないという人のために粒タイプの青汁があります。
これは青汁の栄養素をぎゅっと濃縮しているので、青汁そのものをまさに飲みこみます。
ただ1日分の野菜の栄養素の補充ですから、量はそこそこありますし、味気ないのは間違いありません。
ただ持ち運びも簡単で、外出先でも気軽に摂取できます。
味わう暇もないのは、青汁の味が嫌いな人にはいいでしょう。

青汁のほかにも、イソフラボンのサプリメントなども人気だそうです。
イソフラボンの効果や特徴についての解説が記載されていて、わかりやすいサイトです。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●