青汁の比較解説サイト

ロゴ

青汁のカロリー

青汁は、カロリーの高いものではありません。せいぜい10〜20カロリーというところです。
ですから水で溶かして飲んだなら、それだけのカロリーということになります。つまりダイエットにも向いているのが分かります。

青汁は毎日飲むことで効果や効能をもたらしてくれるということは分かっていても、あまりにも味が苦手だったら飲みたくなくなります。
中には薬の代わりだと思えばいいと、気合で飲む人もいますが、どうせなら美味しく飲みたいですよね。
カロリーが気にならない人やダイエットが目的でないのなら、飲みやすいものと混ぜて飲みやすくしてしまいましょう。

一般的なのは牛乳です。
これはカルシウムが一緒に摂れると思えば気も休まるのではないでしょうか。
ヨーグルトに混ぜると乳酸菌と共に摂れます。
プレーンヨーグルトだと余計にカロリーは抑えられますし、腸内環境も改善されます。

また100%果汁のオレンジジュースやアップルジュースなどはビタミンも一緒に摂れて人気です。
何と合わせるかによって、味もカロリーも目的もずいぶん変わります。
例えば健康目的なら牛乳やヨーグルトで、美肌目的なら100%果汁のジュースなどです。

そしてダイエット目的なら、ヨーグルトでの乳酸菌効果を待つか、食事に混ぜて食べると良いでしょう。
少しだけ量を控えて、青汁入りのパンケーキを朝食にするとか、昼食や夕食で合いそうなものに入れて食べることができます。
お勧めは「青汁のドレッシング」です。
作り方は簡単。オリーブ油、酢、塩、こしょう、レモン汁に青汁の粉末を加えて混ぜるだけです。
それをサラダにかけたらそれだけで野菜がたっぷり摂れます。
食べ過ぎた時などの一食にして、カロリーコントロールしましょう。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●