青汁の比較解説サイト

ロゴ

青汁が生まれた歴史

青汁はもともとは軍医であった遠藤仁朗博士が、兵士の食料難による栄養不足解消のために開発されたそうです。
その時は、捨てられるべき大根や里芋などの野菜の茎をすりつぶしたものからはじまったそうです。
兵士たちだけでなく、住民たちからも評判がよく素晴らしさが確信されました。
つまり、日本人は戦時中から青汁に携わっていたことになります。

1943年から「緑黄色青汁運動」を提唱、実施します。
1955年に遠藤仁朗博士は試行錯誤を繰り返した後に、キャベツの原種であるケールを利用して青汁を作り、そして青汁の健康法を日本で最初に考案したのです。
そして1961年には『青汁の効能』を刊行し、青汁のブームを作りました。
多くの人に実践していただきたいとの思いから、有志とともに「遠藤青汁の会」を発足させています。

ちなみに「青汁」という名を付けられたのは遠藤博士の奥様だそうです。
ケールを絞った緑色の汁をそう呼んだことから、後に遠藤博士の直接の指導のもとで、厳格な栽培方法や製造方法を守ったものだけを、「遠藤青汁」と呼ばれるようになりました。

遠藤博士の厳格な栽培方法と製造方法とは、国産で作られた農薬や化学肥料をいっさい使わずに育てたケールを凝固剤や甘味料、着色料不使用で製造したものです。
この遠藤博士のケール100%青汁、今では粉末タイプ、顆粒タイプ、粒状タイプの3タイプがあります。
遠藤博士の「青汁」はこのシリーズだけですが、今では「青汁」といえば知らない人はいないほどの健康補助飲料としてすっかり有名になりました。
品数ももはや把握しきれないほどにあります。

しかもケールにこだわらなくなったばかりか、飲みやすいように味などにも工夫されているものが多くあります。
「遠藤博士の青汁」はケール100%にこだわり抜いた伝統の味を守っていますが、巷にあふれるほどにある「青汁」の数々をご覧になったら、遠藤博士はなんとおっしゃるでしょうか。

こちらのサイトhttp://www.mas-hamilton.com/でも、誕生秘話など興味深い記事が記載されています。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●