青汁の比較解説サイト

ロゴ

特定保健用食品と栄養機能食品の違いはなんですか?

しばしば特定保健用食品という名称を耳にすることがあるかと思います。
なんとなく健康に良いものだろうという推測はたちますが、この特定保健用食品の定義について理解されている方は少ないと思います。

青汁にもこの特定保健用食品に分類されている商品があり、この定義についての知識は商品を比較検討する際に有効です。
青汁に関していえば、この特定保健用食品の他に、栄養機能食品という名称もあるのをご存じでしょうか?

栄養機能食品と聞くと、前述の特定保健用食品と同様に健康に良さそう、栄養がありそうというイメージがわくかと思います。
ここでは、その2つの違いについて説明します。

そもそも特定保健用食品は日本政府から健康増進法に基づいて、一定の健康に対する効能を認められた食品を指します。
国の設定した基準をクリアしなければ、特定保健用食品の名を冠することはできません。
とくに「〜が気になる方に」というキャッチコピーは耳にした事がある方が多いでしょう。

それに対して後者は2001年に導入された比較的新しい規格なので、そこまで耳にすることはないかもしれませんが、現在この栄養機能食品の規格が注目されつつあります。
現代人の欧米化した食生活では、足りない恐れのある栄養を補うことを可能とする食品にこの表示が認められます。
前者とは異なり、厚生労働大臣の認可は不要で、一定の栄養を保有していれば、この表示を認められるのです。
しかし、その一方で栄養機能食品には摂取量・摂取方法の目安や含まれている栄養分が保証されるというメリットがあります。

ちなみに、一定の基準をクリアしたサプリメントなどがこの表記を冠することが多いようです。
青汁にも一定の基準としてビタミンやミネラルなどの十数種類の成分が加えられることが多いですね。

以上がそれぞれの定義です。
特定保健用食品は「何か特定の効果が得られることを政府が認めた食品」、それに対して栄養機能食品は「特定の効果が得られるというものではない食品」。
という事がお分かりになったでしょうか?

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●