青汁の比較解説サイト

ロゴ

もう青汁はまずくない!

青汁とは、ケールなどの緑葉野菜を絞った汁のことをいいます。
青汁が一般家庭に親しまれた背景には、1990年代に流されたCMが大きいのではないでしょうか。

現在でも健康食品として多くの一般家庭に親しまれ、健康でありたいと思う多くの人たちに愛飲されています。
90年代にはまずい飲み物の定番として、宴会や合コンでの罰ゲームで飲むといったことが見られましたが、2000年代から品種改良が進み、飲みやすいものにかわっています。

一般的に、葉の臭みや渋み、苦みがあり、まずいという印象の青汁ですが、粉末タイプでも甘味料やレモン、リンゴ、黒糖などの甘みのあるものがブレンドされ、飲みやすさは格段にあがっています。
飲みやすい青汁としては、大麦若葉が主原料のもの、はちみつが配合されているものが挙げられるでしょう。
どちらもくせのない味で、とても飲みやすい青汁です。
青汁本来の葉の苦みを取り除いていて、日本茶に近い味わいで楽しめるものまであり、多種多様です。
そのため原料だけで特別な砂糖不使用(カロリーを気にする方)は、原料名を必ず確認するようにしましょう。

砂糖が入っていてもいいという方、甘い飲み物を好む方には、黒糖入りの青汁ジュレ製品もおすすめです。
抹茶風味と黒糖の甘さで和菓子のようなデザート感覚で楽しめる一品になっています。
青汁は、緑葉野菜の粉末ですので、基本的に和テイストのものと相性が良いです。
青汁きなこが配合されている商品もよいでしょう。
加糖されていない製品に黒蜜やはちみつを混ぜて味の変化を楽しむというのもいいでしょう。

●●●2012-2017 健康の味方 ALL RIGHTS RESERVED●●●